白鵬? 格闘技「SUMO」のチャンピオン?ですか

 大相撲13日目、また白鵬が審判部からクレームがついた。  妙義龍との一番で勝負がついた後にも関わらず、しりもちを着いている妙義龍の頭部を跳ね上げるような行為を為した。  と言うことは、ダメ押しともみられる行為なのだが、小生は「どうだ!俺が横綱だ」という意味が込められていると見た。  このモンゴル出身の男は過去幾度もこんな振る舞いを見せている。  その中でも、同国同士の逸ノ城戦は今でも鮮明に覚えている。  勝負がついているにも関わらず、土俵下で逸ノ城の体を思いっきり突き飛ばして、逸ノ城が花道を3~4歩走ったことだ。  この時も審判部から注意を受けている。  土俵上での「ダメ押し」行為は数えればがキリがないくらいある。    優勝回数だけでみれば、白鵬は確かに強いのだろうが、「横綱」と言うことになると大きな疑問符が付く。  貴ノ岩暴行事件の黒幕であり、膝を痛めている「照ノ富士」を30分に渡って正座させるなどして重症にし、番付が序の口まで落ちる原因をつくった。  それらの行為は、白鵬が横綱と呼ぶにふさわしくない人物だと言うことは協会内部でも思っているはずだ。  白鵬の振る舞いをみるとそのことが理解できる。  余りにも問題ある言動が多すぎるのだ。    横審によるカチ上げや張り手への警告、優勝インタビューで観客に万歳三唱や三本締めを求めるなど、横綱としての品位に欠ける言動ばかりめだつのだ。  嘉風戦で勝負がついているにも関わらず、土俵下で審判委員にクレ…

続きを読む