菅新総裁誕生に伴う中韓の反応 テレ朝ニュースから

 自民党の総裁選が行われ、菅義偉官房長官(71)が新総裁に選ばれた。海外ではどのような反応なのか?  中国は、菅新総裁が正式に決まった後の中国メディアの論調なのだが、菅新総裁が農家の出であるということを好意的に捉える見方が多いようだという。  「庶民に近い」「身分の壁を突破した」という記事も見られるという。ただ、外交についても基本的に日米同盟を重視すると見ている。  安倍総理大臣が進めていた日中関係の改善路線は引き続き続くという分析ではあるものの、一方で中国はいかにこれから日米の間にくさびを打ち込むかが大きな課題なので、ここについては難しいかもしれないという見方も広がっているそうだ。  次に、韓国の反応なのだが、優勢だった菅氏が安倍政権の政策継承を表明すると、諦めムードとともに「菅は安倍の分身だ」というような報道も出ているらしい。  今後の日韓関係の試金石として日中韓サミットが年内にソウルで開かれるかが注目されるという声もあるそうだが、元徴用工問題を巡る現金化リスクがあるなかで総理の訪韓は現実的ではなく、改善の兆しは見えていないということだ。  マァ、安倍&菅との見方が強い韓国では「あきらめムード」が高いようだが、小生にとっては「ニコニコ」といったところだ(笑)  「菅新総裁誕生」報道 中国と韓国で大きな温度差が 2020年9月14日 17時55分 テレ朝news 「菅新総裁誕生」報道 中国と韓国で大きな温度差が  自民党の総裁選が行われ、菅義偉官房長官…

続きを読む