三者討論では石破茂に違和感を覚えた

 昨12日の自民党総裁選公開討論会(日本記者クラブ主催)では、石破茂元幹事長、菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長の3候補の政治姿勢や信条、考え方の違いが改めて明らかになった。  その中で、石破茂の主張には強い違和感を覚えたのだ。  彼が言うのは理想論で会って現実味に乏しいことだ。彼が言っているのは基本中の基本を云うものだから聞いていたら「なるほど」と思いはするがジャア現実にやろうとするとできないのだ(笑)  典型的なのは憲法改正だ。9章2項を削除しろと言うが現状でできるかと言えばできはしない。  だから安倍首相が言うように段階的に「自衛隊の身分を明確しよう」と言うとこれにくいつくわけだ。    その点を産経新聞の阿比留瑠比氏が述べた居るのでどうぞ・・・  開討論会 違和感覚えた石破氏の主張 阿比留瑠比の「観戦記」 2020.9.12  12日の自民党総裁選公開討論会(日本記者クラブ主催)では、石破茂元幹事長、菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長の3候補の政治姿勢や信条、考え方の違いが改めて明らかになった。その中で、石破氏の主張には強い違和感を覚えた。  3候補は目指す国家観について、それぞれ次のように訴えた。  「一人一人に『居場所』があり、一人一人が幸せを実感できる国を作らなければならない」(石破氏)  「まず自分でやってみる。そして地域や家族が互いに助け合う。その上で政府がセーフティーネットワークで守る」(…

続きを読む