10年前の尖閣沖 中国人船長釈放の嘘と詭弁~産経新聞・阿比留瑠比氏の極言御免

 中国人船長の釈放を発表したときのことである。「地検独自の判断だ。それを了とする」  当時の菅(かん)直人内閣の仙谷由人官房長官は、すぐに記者会見でこう追認し、柳田稔法相は記者団に、問わず語りで「指揮権を行使した事実はない」と強調した。と言うのが表面上の発表。  実際は真っ赤な嘘だったことが明らかになったのだ。  それが10年後に明らかになったのだから胸のつかえが一気に吹き飛んだ形であり「そうだろうナァ」と言う納得きもちもある。  そこのところを産経新聞・阿比留瑠比氏が極言御免で述べているのでどうぞ・・・    【阿比留瑠比の極言御免】 中国人船長釈放の嘘と詭弁 2020.9.10・産経新聞  あのときの目がくらむような怒りと失望は、今もはっきりと覚えている。平成22年9月24日、那覇地検が緊急記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で、海上保安庁の巡視船に体当たりを繰り返した中国人船長の釈放を発表したときのことである。  「地検独自の判断だ。それを了とする」  当時の菅(かん)直人内閣の仙谷由人官房長官は、すぐに記者会見でこう追認し、柳田稔法相は記者団に、問わず語りで「指揮権を行使した事実はない」と強調した。  折しもこの日、菅直人首相は米ニューヨークでの国連総会出席のため外遊中だった。当時、検察は大阪地検特捜部の押収資料改竄事件で追い詰められていた。そんなタイミングでの不自然極まる発表だった。 真っ赤な嘘裏付け  米誌ニューヨーク・…

続きを読む