裏切りの歴史を持つ石破茂が何故支持される? 解せないネェ・・・

 自民党総裁選が喧しい。  特にTVのバラエティ番組では「石破つぶし」だといって騒ぎ立てているのが現状だ。  両院議員総会で決めるのは党員の声が反映されないから、石破茂に不利だというのだ。  小生の考えも正規の手続きでやれば良いと思っている。やったからと言って菅官房長官の優位は変わらないと思うヨ。  石破茂一人で党員票前票をとるとは思えないからだ。  たとえそれが60✖40でも菅義偉氏有利に変わりはないからだ。  なぜやらないか?  それはこのコロナ禍、政治的空白は極力抑えた方が良いからに他ならない。  今の石破茂自民党議員として一端のことを言って騒ぎ立てているが一度自民党をおっぽり出たのを忘れたらしい。  今から27年前の1993年 非自民の細川連立政権が成立したのを覚えているだろうか?   自民党が野党に転落すると、 立て直しに四苦八苦している当時の森喜朗幹事長に 石破茂は「私はね、政権与党にいたいんです。自民党の歴史的使命は終わった」 と捨て台詞をはき離党届を出して逃げて行ったのを・・・  1997年3月、自民党に復党するも誰も相手にされなかった石破茂。それを救ったのが伊吹文明氏なのだ。伊吹氏は「石破君は仕事のできる人だから」と情けをかけて伊吹派に入れてあげるも、その後に入閣すると「閣僚が派閥に属するものはいかがなものか、派閥は旧態然としていると思いますよ」の捨て台詞で伊吹派を離脱してしまったのだ。  そうしていながら水月会なるものを立ち上げ…

続きを読む