「コロナウイルス」東京から地方へ拡大・産経ニュース それでも政府は認めない

 コロナウイルス、東京都の昨日の感染者数は58人で、これで50人以上が4日連続だ。  小生は早い段階から、東京から地方へ動いた結果このような増加が予想されるとUPしてきたが、それが現実化しつつあるわけだ。  それでも菅官房長官は29日の記者会見で「直ちに再び宣言を発出したり、県をまたいだ移動の自粛を要請したりする状況にあるとは考えていない」と説明している手緩さだ。  そして、都内の感染状況を「症状の有無にかかわらず積極的な検査を行った結果も含まれている」というのだから呆れる(笑)    間違いなく東京から地方へ拡大しているのにネェ(笑)・・・・  こんなところから政府への不信感が増幅するのだろうにネェ。   早急に県外移動や夜間のキャバクラ等に対して自粛要請をしないと二進も三進もいかなると思いますがネェ・・・  新型コロナ感染、東京都内から他県に拡大か 往来リスク浮かぶ 2020.6.29 19:36・産経ニュース  新型コロナウイルスの感染者の高止まり状態が続く東京都に引っ張られる形で、全国的にも感染者の増加傾向がみられる。都内の飲食店での会食などを機に、職場や家族内感染で隣県などに広がったとみられるケースが複数確認され、人々の往来リスクが改めて浮かぶ。「3密」の中でも接触や会話、発声を伴う場所での感染が目立ち、専門家は警戒を促している。  28日の感染者数は都内60人、全国113人で、いずれも5月25日の緊急事態宣言全面解除後最多。都内は29日も58人で、4日…

続きを読む

「軍艦島」の真実と歴史を捻じ曲げて訴える低民族国家・韓国

 世界文化遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」について事実を捻じ曲げて難癖をつける低民族国家・韓国。  日本人の労働者と同等の扱いを受けて働き、賃金も同じように受給していたのに、過酷な現場で奴隷のように働かせられたと言うのだから  この世界遺産に登録された世界文化遺産。幕府や藩が試行錯誤しながら造船などの産業化を始めた1850年代から、産業化が一段落した1910年までの期間を対象にしているのであって、先の大戦の終戦間際の炭鉱とは全く関係ないのだ。  それをあたかも終戦前の如く騒ぎ立て日本を悪者に仕立て上げて反対しているわけだ(笑)  こういった手法はこの韓国は長けているからナァ・・・自分たちに都合の良いところだけ取り上げて騒ぎたてる(蔑笑)   【主張】軍艦島 韓国は歴史歪曲をやめよ 2020.6.28 ・産経新聞  歴史への不当な介入を許してはならない。  世界文化遺産に平成27年に登録された「明治日本の産業革命遺産」に対し、韓国政府が取り消しの検討を求める書簡を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に送付した一件である。  日本政府は15日、23の資産で構成する明治産業遺産を紹介する「産業遺産情報センター」を一般公開した。  このうち、軍艦島の通称で知られる長崎市の端島炭坑の展示などを韓国政府は問題視した。朝鮮半島出身労働者に関する説明が十分ではないからだという。  韓国政府は人道に反するような強制労働があったとするが、事実を反映していない主張である。 …

続きを読む

韓国文在寅の反日政策が暴走 日本に優遇してもらいたいクセにネェ(蔑笑)

 韓国文在寅が反日政策で暴走していると、松木國俊(まつき・くにとし) 朝鮮近現代史研究所所長が述べている。  韓国は、何か国内で難しいことが発生するとすぐ反日政策に矛先を向け、韓国民の注視をそちらに向けさせるのだが、今回は徹底して日本を悪者に仕立て上げようとしている。    輸入三品目の見直し、ホワイト国外しなどではWTOに提訴し、長崎県の「軍艦島」の世界遺産ではユネスコに難癖をつける書簡を出すなどしている。  日本に優遇してもらいたいのに、逆に嫌われることを平然と行うこの頭の中の構造(笑)・・・  それを可笑しいと思わないところが低レベル国家の真骨頂ということか,ネェ(蔑笑)  6/27夕刊・フジザクザク  【「反日」文政権への反撃】暴走する文政権と闘う“韓国愛国者”たち…戦後植え付けられた「反日感情」克服できるか 】  松木國俊氏新著『反日への最後通告』  日本の対韓輸出管理規制に対する、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の反発は常軌を逸している。勝手に回答期限を5月末と通告し、日本が譲歩しないと見るや、再び世界貿易機関(WTO)に提訴すると騒ぎ立て、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄まで言及した。日本と絶縁する勢いである。  韓国議会では「親日称賛禁止法案」が可決されようとしている。その内容は、「日本の植民統治と侵略戦争行為に対し、歪曲(わいきょく)、賛美や鼓舞または宣伝するものに2年以下の懲役や2000万ウォン(約176万円)以下の罰金…

続きを読む