「コロナ」日本の感染者数が下降し出したら褒めだした米国メディア(笑)

 「新型コロナウイルス」感染騒動について、当初から米国のメディアは日本批判を繰り広げてきた。  曰くクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」では第2の武漢市だと批判していた。  緊急事態宣言を発したときは遅いとボロカスに批判していたよネェ・・・  強制力の共わない「緊急事態宣言」なんぞ、どれほどの効果があろうに・・・とボロカスだったよネェ。  そして、そのうち米欧のように爆発的感染が始まるだろう・・・・とネ。  マァ、米国内でコロナが拡大し出した時、一番に銃が売れる国だもの・・・我々日本人には理解できないよネェ。  彼ら米国人の理由付けは「コロナ騒動が広まったら犯罪が増えるから防衛のために銃を買う」というわけだ(笑)  これはもう日本人としては全く理解できない。いえることは米国人なんてなんと野蛮な考えをしているのだろうか? との思いだけだ(笑)    そんな米国人だから、日本人というより黄色人種を自分たちより下等に見ているのだろうネ・・・  感染者数、死者数は日本より100倍以上も多いのにネェ(笑)・・・  それがここに来て、強制力の伴わない緊急事態宣言が効果を表し、患者数も徐々に下降し始めると一転、日本を褒めだした(笑)・・・   パンドラの憂鬱に面白い記事があったのでどうぞ・・・  世界中で感染の拡大が続く新型ウイルス。  どこの国であれ、現状正確な感染者数を把握するのは難しく、感染者の数はあくまでも拡大状況の参考程度となるでしょうが、米大手紙「ウォ…

続きを読む

堀江貴文! コロナ感染疑いの山岳遭難者が出たぞ!

 先日、堀江貴文が偉そうに登山家野口健のツイッター「確かにこんな時こそ山で癒されたくなる。しかし、山に登るためには移動をしなければならない。山が混み合えば他の登山者に感染させるかもしれない。仮に遭難者が感染していたらレスキュー隊に移してしまうかもしれない」と自粛すべきと発信した。    これに対し、堀江貴文が「頭悪すぎて笑う」と反論したのだ。そして、登山客の少ない山に登れば良いだろうがと言ったものだから北海道の大樹町住民からも顰蹙を買ってしまった(笑)  でもネェ、野口健氏の心配が真実になりかかった事例が発生したのだ。  それは、長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳連峰で遭難して救助された36歳の男性に感染の疑いが発覚したのだ。  救助にあたったレスキュー隊員10人ほどが一時自宅待機となっていたこともわかったという。  結果的には疑いだけで感染はなかったのだが、隊員が自宅待機中に他の遭難事故が発生していたら影響はあっただろうネェ・・・  堀江貴文のような阿呆がいる限りコロナウイルスに感染する者は後を立たないんだろうナァ・・・  山岳遭難者 救助後に「コロナ」感染の疑い 一時、救助隊員ら10人ほどが自宅待機に 県「登山も自粛を」 長野放送 地域 2020年4月28日 火曜 午後1:05  長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳連峰で遭難して救助された36歳の男性に感染の疑いが発覚し、救助にあたった隊員10人ほどが一時自宅待機となっていたことがわかりました。 長野…

続きを読む

沖縄が 本土からの観光客来島でコロナ感染危機 入島税を取れば?

 GWで沖縄観光に、本土から大勢のバカ共が押し掛けているらしい。  中には「父親が死んだから」「出張の帰り」という者もいるが、「GW中に旅行すればポイントが倍増になるから」というのもいたナァ(笑)・・・ポイントをもらうだけの沖縄旅行ですか(笑)  そして、「折角予約していることだし、私は感染防止には注意していますから大丈夫です」というバカ女もいた(蔑笑)・・・こんなノー天気な考えをしている連中が感染しているんだヨォ!  沖縄県知事や各首長は必死になって(コロナ騒動の最中)沖縄に来るのをやめてほしいと訴えているのだが、それでも15000人ものバカ共が押し掛けている。  こんな連中がコロナウイルスをばら撒いて素知らぬ顔で帰るんだろうナァ・・・  言わせてもらえれば、口だけで要請しても聞き入れないバカな日本人が相当数いるということだろうネェ・・・  となると考えるのは、早急に条例を創り「入島税」を徴収することだと思うナァ。  一人10万円くらい徴取するようにすれば良い。否、100万円でも良いだろうなぁ。  「自然は逃げません」「訪れないやさしさを」 離島「GWは来ないで」命がけの訴え 4月28日(火)21時19分 毎日新聞  新型コロナウイルスの感染が拡大する中、各地の離島が大型連休期間中の来島自粛を観光客らに求めている。人の移動で感染が広がれば、地域の医療体制が危機に陥る恐れがあるためだ。観光を地域経済の大きな柱にする島も多いが、水際対策に取り組む関係者は「…

続きを読む