韓国の「新型肺炎」同胞帰国で暴動騒ぎ 人間性の違いですナァ(笑) 

 中国武漢市での「新型コロナウイルス」騒動で、韓国人の一部が本国韓国金浦空港に帰ってきたという。  ところが一時隔離される施設がある地元住民が「政府はここを第2の武漢にするのか」と暴動騒ぎを起こしていると伝わる(笑)  日本でも騒いでいるが暴動を起こすまでは至っていない・・・やはり人間性のレベルの問題なんだろうネェ(笑) 「ここを第2の武漢にするつもりか!」韓国、武漢からの同胞帰国に“暴動騒ぎ” 長官に卵や石投げ付け、トラクターでバリケードも 2020.1.31 ・夕刊フジ  中国・武漢で発生した新型肺炎に、韓国が大パニックを起こしている。文在寅(ムン・ジェイン)政権が武漢に残された韓国人らを移送するために派遣したチャーター便は31日午前、金浦(キンポ)空港に到着した。だが、帰国後に一時収容する「隔離施設」のある地元住民らは猛反発、暴動騒ぎを起こし、道路を封鎖するなど手が付けられなくなっている。  「政府はここを第2の武漢にするつもりなのか!」  隔離施設がある韓国中部・忠清北道(チュンチョンプクト)鎮川(チンチョン)で、野党国会議員は30日、怒りをあらわにした。ウイルス感染に不安を抱えた住民らがトラクターや貨物トラックで道路を一時封鎖するなど、大暴れした。施設の周辺には保育園やアパートがあるが、住民の意見も聞かず受け入れを決めた政府に撤回を求め、決起大会まで開かれた。  中央日報(日本語版)によると、29日には韓国保健福祉部の金剛立(キム・ガンリプ)次官が視察に来た…

続きを読む

百田尚樹さん! 新型肺炎で政府の対応が甘いとボロチョン 少し過激ですぞ!

 作家の百田尚樹氏が「新型コロナウイルス」での政府の危機管理能力が欠如して甘いとボロクソに貶している。  勿論野党にもメディアにもボロチョンの批判をしている。  確かに政府の対応に甘さがあったことは小生も認める。でもネェ日本の場合、何をするにせよ法律でがんじがらめにしているのだから政府が強引にやるわけにはいかない。  この度だって、すぐにでも対策を講じたいと思ったことは誰でも考えたことだと思うヨ。  でも早めに強硬策を講じて、武漢市からの帰国者を強制的に隔離して検査していたとしたらどうだろうか?  間違いなく野党や左翼メディアが批判していたことだろうヨ!  現時点ではそんな馬鹿な批判をするものはいない思うが、何しろ日本と言う国は、政府がやるとなると法律の範疇で物事を考えるのだから、そんなことを考慮に入れて検討すれば、若干の遅れは出てくるのもやむをえないと思いますがネェ・・・  何しろ日本にはこういったとき「緊急事態条項」が憲法で定められているわけでもなく、法律もないわけだから・・・  国家万民のことを考えて、安保法や秘密保護法成立時でもあれだけ批判している国だからネェ・・・  この度の新型肺炎の対応では早くしろ、甘いとか言っているが、これが某国で邦人が監禁されて命の危険が生じている。直ちに助けなくては・・・と言う事案だったらどうだろうか?  早急に法律を作ってでも救助しろと言いますかネェ・・・言わないでしょうネェ(笑)  過去某国大使館に監禁された事案がありま…

続きを読む

立憲安住「新型肺炎」対応批判 国会では「名簿がァー」ですか(蔑笑)

 立憲民主党の安住淳国対委員長が、現在猛威を振るっている「新型肺炎」の対応について政府の対応を批判した。  政府の対応に対して「非常に遅れているのではないか。後手後手としか見えない」と批判したのだ(蔑笑)  オイオイちょいと待ってくれよ!  そんな勝手の良いことを言っているが国会ではその日も「桜を見る会の名簿がァー」と質問していたのはどこの党でしたかネェ(蔑笑)  さらに武漢からの帰国者2人が検査拒否して帰宅したことに「(中国・武漢からの)帰国者を家に帰すのはあり得ない。経過観察は一定の施設でやらないといけない」と一人前のことを言っている。  閣議決定では強制的に隔離して検査はできないだろうが!  そこまでやるには憲法で緊急事態条項を定めれば良いと思うが立憲は「安倍政権の下では改憲反対だ」という党だもの・・・  強権発動なんかできるはずがない(笑)・・・でも、「(こんな場合)帰国者を家に帰すのはあり得ない。一定の施設に入れて検査しろ」と言うのだ。  矛盾したことを平気で言っている(蔑笑)  ホンマ、協力姿勢も禄に取らず批判だけはする。そして、厚労省の担当者を呼びつけて「ヒヤリング」をやって質問攻めだからナァ・・・  担当者ですぞォ、寸秒の時間も省きたくなかった筈だ! それを邪魔するように呼びつけている。  マァ、立憲民主党の幹部は「こんな日(武漢市からの第一次帰国の日)だからやる価値がある」と言うのだから・・・呆れてものが言えない(蔑笑) 野党、「政…

続きを読む