長く喋っても仕方のない相手・文在寅~政府高官・産経新聞から

 菅義偉内閣発足後、初の日韓首脳による電話会談について、同席した岡田直樹官房副長官は「淡々とした雰囲気の中で行われた」と述べた。首脳会談の雰囲気を問われれば「和気藹々とした」「打ち解けた雰囲気で…」などとアピールするのが通例であることを考えれば、岡田氏の発言は異例といえる。  この言葉から日韓関係が想像できる。やはり菅総理も安倍政権の踏襲をしているんだろうナァ・・・(笑)良いことだと思う。  だって、話し合って合意してもすぐ反故にされるんだもの・・・意味がないわナァ(笑)  日韓首脳の初会談、関係悪化の影「あの人と長く話しても…」 2020.9.24 18:31・産経ニュース・政治政策  菅義偉内閣発足後、初の日韓首脳による電話会談について、同席した岡田直樹官房副長官は「淡々とした雰囲気の中で行われた」と述べた。首脳会談の雰囲気を問われれば「和気藹々とした」「打ち解けた雰囲気で…」などとアピールするのが通例であることを考えれば、岡田氏の発言は異例といえる。  背景にあるのは、安倍晋三内閣から続く日韓関係の悪化だ。  その原因となった韓国最高裁のいわゆる徴用工判決をめぐり、日本政府は昭和40年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的」な解決を確認しているため、被告となっている日本製鉄(旧新日鉄住金)の韓国国内の資産が売却されれば報復措置に出る構えだ。政府高官は「向こう(韓国)が電話会談をやるっていうのなら応じるけど、ボールはあちらにある」と話す。  菅首相自身も官房…

続きを読む

菅内閣支持率74% 読売新聞社世論調査 何時まで続くか? 

 読売新聞社が菅(すが)内閣の発足を受けて19〜20日に実施した全国世論調査で、菅内閣の支持率は74%だった。  大体がご祝儀相場で高い支持率が多いのだが是非このまま維持してもらいたいものだ。  そのためにも現在推進しているデジタル化などについては迅速に推し進めてもらいたいと思うナァ・・・  変わりに途中ポシャゲタ兆候が見えると一気に下降線を描くだろうナァ・・・  国民の期待が高いだけに失望も多いのだから・・・正念場が早やってきた感じだ!  菅内閣支持74%、発足時歴代3位…読売世論調査 9月20日(日)22時2分 読売新聞  読売新聞社が菅内閣の発足を受けて19〜20日に実施した全国世論調査で、菅内閣の支持率は74%だった。内閣発足直後の調査(1978年発足の大平内閣以降)としては、小泉内閣(87%)、鳩山内閣(75%)に次いで歴代3位の高さとなった。不支持率は14%。安倍前首相が進めてきた政策や路線を引き継ぐ菅首相の方針は「評価する」が63%に上った。  政党支持率は、自民党が47%(前回9月4〜6日調査41%)に上昇。立憲民主党は4%で、合流新党結成前の旧立憲民主党の前回値と変わらなかった。無党派層は37%(同40%)。

続きを読む

中韓首脳と電話会談せず=安倍首相、辞任表明後

 安倍首相が中韓首脳と電話会談せず官邸を去る公算が強いという。  中国は兎も角韓国文在寅との電話会談が無いということは日韓の関係を如実にしめすものだ。  個人的には賛成だし、今さら電話会談でもやろうものならあの韓国のことだ、好き放題を言うはずだ・・・それも自分たちの都合の良いようにネ(笑)  官邸を出た後にはやるかもしれないがネ・・・マァ、どっちでもいいか。  その程度の関係だったということだよネ(笑) 中韓首脳と電話会談せず=安倍首相、辞任表明後 2020/09/15 17:25・産経ニュース  16日に退陣する安倍晋三首相は、中韓両国の首脳と別れのあいさつを交わさないまま、首相官邸を離れる見通しだ。先月28日の辞任表明後、首相は各国首脳と相次ぎ電話会談しており、最近の日中・日韓関係を象徴する政権の幕引きとなる。  首相は先月31日のトランプ米大統領を手始めに、ロシア、カナダ、英国、フィリピンなど10カ国超の首脳と電話会談。任期途中で辞任することを伝え、各首脳から「最も親しい友人の辞任を寂しく思う」(トランプ氏)などとねぎらわれた。  電話会談は、基本的に「相手国の申し出」(外務省幹部)によるもの。ただ、中韓とは行われておらず、政府高官は15日、「もうないだろう」と語った。  日中関係は改善基調が続いてきたが、中国による香港への統制強化などが影響し、習近平国家主席の国賓訪日はめどが立たない。一方、戦後最悪とされる日韓関係を背景に、文在寅大統領とは没…

続きを読む